モバイルサイト

医師紹介
理事長 日本医科大学卒業(平成13年) 日本医科大学大学院卒業(平成20年) 日本医科大学付属病院(平成21年) 渋谷三丁目クリニック 開院(平成22年) 麻酔科標榜医 麻酔科専門医
院長 日本医科大学卒業(平成15年) 日本医科大学大学院卒業(平成21年) 渋谷三丁目クリニック 副院長(平成22年) 麻酔科標榜医 麻酔科専門医 禁煙認定指導医 集中治療専門医...  続きを読む
料金表・治療薬比較
【料金表】 バイアグラ  25mg 1,300円 50mg 1,500円 シアリス 5mg 1,500円 10mg 1,700円 20mg 2,000円 レビトラ 5mg 1,300円 10mg 1,500円 20mg 2,000円 【食後の服用について】 △ バイアグラ 食後に服用すると効果↓↓。空腹時の服用が望ましい。 ◎ シアリス 食後や飲酒時の服用でも効果がほとんど変わらない。 ○ レビトラ 食後や飲酒時の服用でも効果がほとんど変わらない。ただし、脂っこい食事後に服用すると効果↓ 【服用してから効くまでの時間と持続時間】 バイアグラ 40分~(3~5時間持続) シアリス 40分~(16~36時間持続) レビトラ 20分~(4~10時間持続) 【副作用】 バイアグラ 強い。頭痛,ほてり,鼻詰まりなど。 シアリス 弱い。副作用が他と比べて少ない。 レビトラ 中程度。頭痛,ほてり,鼻詰まりなど。 ※ご自身に一番合ったものを使用してください。 効果や副作用といったものには個人差があります。人によってバイアグラが一番効くという方もいますし、レビトラやシアリスの方が効くという方もおられます。そのため、3剤を飲み比べてみて、ご自身の体とライフスタイルに合ったものを選んでいただくのがベストだと考えております。 バイアグラレビトラシアリス ...  続きを読む
バイアグラの併用禁忌(併用すると危険をもたらす)薬
【塩酸アミオダロン製剤の商品名リスト】 下記のお薬を服用している方はバイアグラと併用すると過度に血圧を下げる危険性が高いため処方できません。 ・アンカロン錠100 ・アミオダロン塩酸塩錠100mg「サワイ」 ・アミオダロン塩酸塩錠100mg「サンド」 【硝酸剤の商品名リスト】 下記のお薬を服用している方はバイアグラと併用すると過度に血圧を下げる危険性が高いため処方できません。 ・アイスラール錠20mg ・アイトロール錠10㎎/20mg ・アイロクール錠20mg ・亜硝酸アミル ・アパティアテープ ・アンタップ/R ・イソコロナールRカプセル ・イソニトール錠20 ・イソビット ・イソモニット錠20mg ・イブステン錠5 ・エスタット錠5mg。 ・L-オーネスゲン錠 ・カリアント錠10mg ・カリアントTPカプセル ・コバインダー錠5mg ・コンスピット錠 ・サークレス注0.05%/注0.1% ・サワドールL錠 ・サワドールテープ/S ・ジアセラL錠 ・シグマート錠2.5mg/5mg ・シグマート注2mg/12mg/48mg ・シグランコート錠 2.5mg/5mg ・ジドレンテープ ・シベラント錠5mg ・硝酸イソソルビド錠(ツルハラ) ・硝酸イソソルビドテープ[EMEC] ・シルビノール錠5mg ・ステンベルガー錠 ・スレンドミン錠 ・セラモンテ錠 ・ソブレロール錠20mg ・タイシロール錠20mg ・ニコランジス錠2.5mg/5mg ・ニコランタ錠5 ・ニコランマート錠 ・ニトソルビド注0.05%/0.1% ・ニトプロ注 ・ニトラステープ ・ニトルビン錠5 ・ニトロールRカプセル20mg ・ニトロール錠 ・ニトロールスプレー ・ニトロール 注5mg/50mg/100㎎ ・ニトログリセリン錠山川 ・ニトログリセリン 注-ACC ・ニトロシンパフ ・ニトロスロー錠 ・ニトロダームTTS ・ニトロバイド錠5mg ・ニトロフィックス5mg/10mg ・ニトロペン錠 ・ニトロラム ・ニブラノール点眼液 ・ハイパジールコーワ錠3/錠6 ・ハイパジールコーワ点眼液 ・パソレーターRB2.5 ・パソレーター注5mg/注50mg ・パソレーターテープ ・パソレーター軟膏 ・フランソルテープS ・フランドル ・ペネティISDNテープ ・ヘルツァーS ・ヘルピニン-Rカプセル ・ホクスノールLカプセル ・ミオコールスプレー ・ミニトロテープ ・ミリステープ ・ミリスロール(冠動注用)0.5mg/10ml ・ミリスロールテープ ・ミリスロール注 ・メズサビド錠5mg ・メディトランステープ ・メディトランスニトロ ・ラブノールRカプセル ・リファタックL錠 以上がバイアグラの併用禁忌(禁止)のお薬です。 (リファタックテープSリベラステープ※ニプラジロール点眼液、二プラノール点眼液およびハイパジールコーワ点眼液の添付文書では、併用禁忌になっておりませんが、注意喚起のため記載しました。) 以上に示すように、併用禁忌(禁止)の薬はたくさんあります。安全にバイアグラを使用していただくため、当院へご来院の際には、必ず薬の名称をわかるように、または服用中の薬をご持参ください。 また、個人輸入や他人にもらった医師の処方以外のバイアグラを安易に服用することはとても危険です。効果がない場合だけでなく、健康に害を及ぼす可能性があります。 バイアグラTOP バイアグラとは バイアグラの安全性 バイアグラの特徴 バイアグラの副作用 バイアグラ服用の注意点 バイアグラを処方できない方 バイアグラの併用禁忌(併用すると危険をもたらす)薬 シアリスレビトラ...  続きを読む
バイアグラを処方できない方
禁忌(服用禁止) : 以下に該当される方は、バイアグラ錠の服用はできません。 1.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者 2.硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等)を投与中の患者 3.心血管系障害を有するなど性行為が不適当と考えられる患者 4.重度の肝機能障害のある患者 5.低血圧の患者(血圧<90/50mmHg)又は治療による管理がなされていない高血圧の患者 (安静時収縮期血圧>170mmHg又は安静時拡張期血圧>100mmHg) 6.脳梗塞・脳出血や心筋梗塞の既往歴が最近6ヵ月以内にある患者 7.網膜色素変性症患者[網膜色素変性症の患者にはホスホジエステラーゼの遺伝的障害を持つ症例が少数認められる。] 8.塩酸アミオダロン(経口剤)を投与中の患者 バイアグラの効果が現れると同時に「顔のほてり」「目の充血」がほとんどの方にありますが、 これらは服用した方の9割に付随する副作用でございますので、 効果の発現の合図と考えていただくとよいでしょう。 その他に「頭痛」「動悸」「鼻づまり」や光に過敏になり色が変化して見えたり等もございますが、作用している 4~6時間で症状はおさまるようであればあまり気にしなくても結構です。過去には、心臓突然死や腹上死との関連が指摘されていたこともございましたが、 現在では、関連は少ないと考えられております。 その他、ED治療薬(バイアグラ,レビトラ,シアリス)との因果関係は不明ではありますが、NAION、突発性難聴の報告もございます。 どうしても気になる症状がでるときは必ずご相談ください。 バイアグラTOP バイアグラとは バイアグラの安全性 バイアグラの特徴 バイアグラの副作用 バイアグラ服用の注意点 バイアグラを処方できない方 バイアグラの併用禁忌(併用すると危険をもたらす)薬 シアリスレビトラ...  続きを読む
バイアグラ服用の注意点
バイアグラの服用にはコツがあります。 バイアグラは、性行為の1時間前に服用するのが一般的です。 効果発現時間は、個人差がございますが、即効性があるため、服用後30分程度で効果が発現し、3~4時間程度持続します。 この効果発現時間内に、ご本人様の性欲が高まった場合、その回数に応じ、勃起作用が出現します。バイアグラは食事と一緒に服用すると空腹時に比べて効果の発現時間が遅れたり、 効果自体も半減したりすることがありますので、なるべく空腹時に服用することをお勧めいたします。食事をする場合は空腹時に服用して食事の前にバイアグラを体に吸収させてしまえば、 お食事をしても影響はございませんので、食前30~40分前に服用するのも効果的です。やむを得ず食後に服用する場合はなるべく脂っこいものをさけ、比較的あっさりしたものを腹7分目くらいにおさえてその後 2時間くらいは時間をあけてから服用するようにしてください。 適度な飲酒は、リラックス効果をもたらし、性欲が増加しますが、過度な飲酒は、勃起障害を増悪させます。 よって過度な飲酒後にバイアグラを服用した場合、効果が期待通り現れません。お酒の飲みすぎにはご注意ください。 注1:飲酒量は個人差によります。ご自身の適量を確認してください。 注2:飲酒により、バイアグラの副作用が増加する場合がございますので、ご注意ください。 バイアグラTOP バイアグラとは バイアグラの安全性 バイアグラの特徴 バイアグラの副作用 バイアグラ服用の注意点 バイアグラを処方できない方 バイアグラの併用禁忌(併用すると危険をもたらす)薬 シアリスレビトラ...  続きを読む
バイアグラの副作用
バイアグラの効果が現れると同時に「顔のほてり」「目の充血」がほとんどの方にありますが、 これらは服用した方の9割に付随する副作用でございますので、 効果の発現の合図と考えていただくとよいでしょう。 その他に「頭痛」「動悸」「鼻づまり」や光に過敏になり色が変化して見えたり等もございますが、作用している 4~6時間で症状はおさまるようであればあまり気にしなくても結構です。過去には、心臓突然死や腹上死との関連が指摘されていたこともございましたが、 現在では、関連は少ないと考えられております。 バイアグラTOP バイアグラとは バイアグラの安全性 バイアグラの特徴 バイアグラの副作用 バイアグラ服用の注意点 バイアグラを処方できない方 バイアグラの併用禁忌(併用すると危険をもたらす)薬 シアリスレビトラ...  続きを読む
バイアグラの特徴
バイアグラは内服後30分~1時間程度で効き始め、その後3~4時間、勃起の硬さ、持続時間を高めます。勃起自体は性的刺激に反応して起こります。性欲増進作用や性感染症予防効果はありません。 バイアグラTOP バイアグラとは バイアグラの安全性 バイアグラの特徴 バイアグラの副作用 バイアグラ服用の注意点 バイアグラを処方できない方 バイアグラの併用禁忌(併用すると危険をもたらす)薬 シアリスレビトラ...  続きを読む
バイアグラの安全性
バイアグラが登場した当初は、心臓突然死の原因薬剤との嫌疑をかけられ、そのため、バイアグラには心臓に悪いイメージがついて回ります。しかし、バイアグラの血管拡張作用は、むしろ心肺機能を高めます。バイアグラを服用したスポーツ選手の運動パフォーマンスが向上したという報告もあります。現在、バイアグラの安全性は確認されており、全世界で広く使用されております。 バイアグラTOP バイアグラとは バイアグラの安全性 バイアグラの特徴 バイアグラの副作用 バイアグラ服用の注意点 バイアグラを処方できない方 バイアグラの併用禁忌(併用すると危険をもたらす)薬 シアリスレビトラ...  続きを読む
バイアグラとは
最初に開発されたED治療薬であり、 バイアグラは圧倒的なED改善作用により、ED治療に革命を引き起こしました。 バイアグラは、国内では1999年から販売されており、ED治療薬中で使用実績はNo.1です。現在、世界で2000万人以上に処方されています。 バイアグラTOP バイアグラとは バイアグラの安全性 バイアグラの特徴 バイアグラの副作用 バイアグラ服用の注意点 バイアグラを処方できない方 バイアグラの併用禁忌(併用すると危険をもたらす)薬 シアリスレビトラ...  続きを読む
バイアグラ
バイアグラ バイアグラ(25mg) 1錠 1,300円(税込) バイアグラ(50mg) 1錠 1,500円(税込) バイアグラは、世界最初のED治療薬であり、米国ファイザー製薬から発売されました。日本では1999年より認可販売されています。治療実績はNo.1です。副作用がやや多いのと、食事の影響を受けやすいという欠点があります。 バイアグラTOP バイアグラとは バイアグラの安全性 バイアグラの特徴 バイアグラの副作用 バイアグラ服用の注意点 バイアグラを処方できない方 バイアグラの併用禁忌(併用すると危険をもたらす)薬 シアリスレビトラ...  続きを読む
シアリスの併用禁忌(併用すると危険をもたらす)薬
下記のお薬を服用している方はシアリスと併用すると危険性が高いため処方できません。 ・アイスラール錠20mg ・アイトロール錠10㎎/20mg ・アイロクール錠20mg ・亜硝酸アミル ・アパティアテープ ・アンタップ/R ・イソコロナールRカプセル ・イソニトール錠20 ・イソビット ・イソモニット錠20mg ・イブステン錠5 ・エスタット錠5mg。 ・L-オーネスゲン錠 ・カリアント錠10mg ・カリアントSRカプセル ・コバインダー錠5mg ・コンスピット錠 ・サークレス注0.05%/注0.1% ・サワドールL錠 ・サワドールテープ/S ・ジアセラL錠 ・シグマート錠2.5mg/5mg ・シグマート注2mg/12mg/48mg ・シグランコート錠 2.5mg/5mg ・ジドレンテープ ・シベラント錠5mg ・硝酸イソソルビド錠(ツルハラ) ・硝酸イソソルビドテープ[EMEC] ・シルビノール錠5mg ・ステンベルガー錠 ・スレンドミン錠 ・セラモンテ錠 ・ソブレロール錠20mg ・タイシロール錠20mg ・ニコランジス錠2.5mg/5mg ・ニコランタ錠5 ・ニコランマート錠 ・ニトソルビド注0.05%/0.1% ・ニトプロ注 ・ニトラステープ ・ニトルビン錠5 ・ニトロールRカプセル20mg ・ニトロール錠 ・ニトロールスプレー ・ニトロール 注5mg/50mg/100㎎ ・ニトログリセリン錠山川 ・ニトログリセリン 注-ACC ・ニトロシンパフ ・ニトロスロー錠 ・ニトロダームTTS ・ニトロバイド錠5mg ・ニトロフィックス5mg/10mg ・ニトロペン錠 ・ニトロラム ・ニブラノール点眼液 ・ハイパジールコーワ錠3/錠6 ・ハイパジールコーワ点眼液 ・パソレーターRB2.5 ・パソレーター注5mg/注50mg ・パソレーターテープ ・パソレーター軟膏 ・フランソルテープS ・フランドル ・ペネティISDNテープ ・ヘルツァーS ・ヘルピニン-Rカプセル ・ホクスノールLカプセル ・ミオコールスプレー ・ミニトロテープ ・ミリステープ ・ミリスロール(冠動注用) 0.5mg/10ml ・ミリスロールテープ ・ミリスロール注 ・メズサビド錠5mg ・メディトランステープ ・メディトランスニトロ ・ラブノールRカプセル ・リファタックL錠 以上がシアリスの併用禁忌(禁止)のお薬です。 以上に示すように、併用禁忌(禁止)の薬はたくさんあります。安全にシアリスを使用していただくため、当院へご来院の際には、必ず薬の名称をわかるように、または服用中の薬をご持参ください。 また、個人輸入や他人にもらった医師の処方以外のシアリスを安易に服用することはとても危険です。効果がない場合だけでなく、健康に害を及ぼす可能性があります。 シアリスTOP シアリスの特徴 シアリスの副作用 シアリス服用の注意点 シアリスを処方できない方 シアリスの併用禁忌(併用すると危険をもたらす)薬 バイアグラレビトラ...  続きを読む
シアリスを処方できない方
禁忌(服用禁止) : 以下に該当される方は、シアリス錠の服用はできません。 1.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者 2.硝酸剤又は一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等)を投与中の患者 3.心血管系障害を有するなど性行為が不適当と考えられる患者 4.不安定狭心症のある患者又は性交中に狭心症を発現したことのある患者 5.コントロール不良の不整脈、低血圧(血圧<90/50mmHg)又はコントロール不良の高血圧 (安静時血圧>170/100mmHg)のある患者 6.心筋梗塞の既往歴が最近3ヵ月以内にある患者 7.脳梗塞・脳出血の既往歴が最近6ヵ月以内にある患者 8.重度の肝障害のある患者 9.網膜色素変性症患者[網膜色素変性症の患者にはホスホジエステラーゼ(PDE)の遺伝的障害を持つ症例が少数認められる。] シアリスTOP シアリスの特徴 シアリスの副作用 シアリス服用の注意点 シアリスを処方できない方 シアリスの併用禁忌(併用すると危険をもたらす)薬 バイアグラレビトラ...  続きを読む
シアリス服用の注意点
シアリスは、個人差がございますが、10㎎で24時間、20㎎で36時間の持続的な効果があります。効果発現時間は、個人差が認められます。服用後1時間程度で効果が発現する方、効果発現に3時間要する方など、様々です。 この効果発現時間内に、ご本人様の性欲が高まった場合、その回数に応じ、勃起作用が出現します(性的な刺激なしに勃起作用は生じません)。 シアリスは、食事による影響が低減されておりますが、やはり食事により体内への吸収が阻害されます。 特に油分の多い食事を取った後は、非常に吸収が悪く、効果が減弱してしまいます。ただし、シアリスは圧倒的に長時間作用しますので、早めに内服することで食事の時間や、効果発現時間の個人差をあまり考えなくてもいいという利点があります。食後に服用する場合には食後2時間程度あけて、シアリスを服用することをお勧めします。 適度な飲酒は、リラックス効果をもたらし、性欲が増加しますが、過度な飲酒は、勃起障害を増悪させます。 よって過度な飲酒後にシアリスを服用した場合、効果が期待通り現れません。お酒の飲みすぎにはご注意ください。 注1:飲酒量は個人差によります。ご自身の適量を確認してください。 注2:飲酒により、シアリスの副作用が増加する場合がございますので、ご注意ください。 シアリスTOP シアリスの特徴 シアリスの副作用 シアリス服用の注意点 シアリスを処方できない方 シアリスの併用禁忌(併用すると危険をもたらす)薬 バイアグラレビトラ...  続きを読む
シアリスの副作用
シアリスの服用により、およそ3割の方に副作用が認められています(国内臨床試験データより)。 主な副作用は、全身や顔の火照り、紅潮、目の充血や鼻づまり(鼻の充血)、頭痛、 動悸などです。その他、消化不良、羞明(物が青く見えるなど)、筋肉痛、めまいなどが挙げられます。 いずれの副作用も一時的なものであり、お薬の効果がなくなるとともに、ほとんどの副作用も軽減、消失します。 シアリスTOP シアリスの特徴 シアリスの副作用 シアリス服用の注意点 シアリスを処方できない方 シアリスの併用禁忌(併用すると危険をもたらす)薬 バイアグラレビトラ...  続きを読む
シアリスの特徴
バイアグラ、レビトラと同様に内服30分後から効果が出るうえ、24時間以上の圧倒的な効果持続時間が特徴です。また、食事の影響を受けにくいという特徴があります。シアリスの副次的な効果としては血管の健康全般を促進する点も注目されています。性交渉に関係なく、2~3日に1回の継続的な服用で血管機能の向上が図れるという報告も海外ではあり、アンチエイジング薬としての効果も期待できます。 シアリスTOP シアリスの特徴 シアリスの副作用 シアリス服用の注意点 シアリスを処方できない方 シアリスの併用禁忌(併用すると危険をもたらす)薬 バイアグラレビトラ...  続きを読む
シアリス
シアリス シアリス( 5mg) 1錠 1,500円(税込) シアリス(10mg) 1錠 1,700円(税込) シアリス(20mg) 1錠 2,000円(税込) シアリスは、イーライリリー社製のED治療薬(勃起障害治療薬)で、本邦では、3 番目に使用可能となっております。 シアリスは、他の2剤とは一線を画しております。 シアリスTOP シアリスの特徴 シアリスの副作用 シアリス服用の注意点 シアリスを処方できない方 シアリスの併用禁忌(併用すると危険をもたらす)薬 バイアグラレビトラ...  続きを読む
レビトラの併用禁忌(併用すると危険をもたらす)薬
【硝酸剤の商品名リスト】 以下のお薬を服用している方はレビトラと併用すると過度に血圧を下げる危険性が高いため処方できません。 ・アイスラール錠20mg ・アイトロール錠10㎎/20mg ・アイロクール錠20mg ・亜硝酸アミル「三共」 ・アパティアテープ ・アンタップ/R ・イソコロナールRカプセル ・イソニトール錠20 ・イソピット ・イソモニット錠20mg ・エスタット錠5mg。 ・L-オーネスゲン錠 ・カリアントSRカプセル20mg ・冠動注用ミリスロール 0.5mg/10ml ・コバインター錠5mg ・コンスピット錠 ・サークレス注0.05%/注0.1% ・サワドールL錠 ・サワドールテープ40mg ・ジアセラ錠/L錠20mg ・シグマート錠2.5mg/5mg ・シグマート注2mg/12mg/48mg ・シグランコート錠 2.5mg/5mg ・ジドレンテープ ・シベラント錠5mg ・硝酸イソソルビド錠(ツルハラ) ・硝酸イソソルビドテープ[EMEC] ・シルビノール錠5mg ・ステンベルガー錠5mg ・ソプレロール錠20mg ・タイシロール錠20mg ・ニコランジス錠2.5mg/5mg ・ニコランタ錠5mg ・ニコランマート錠5mg ・ニトプロ持続静注液6mg/30mg ・ニトプロ注 ・ニトラステープ ・ニトルビン錠5mg ・ニトロールRカプセル20mg ・ニトロール持続静注25mシリンジ ・ニトロール錠5mg ・ニトロールスプレー ・ニトロール注5mg/50mg/100㎎ ・ニトロール注5mgシリンジ ・ニトロール注バッグ50mg/100mg ・ニトログリセリン錠山川 ・ニトログリセリン舌下錠0.3mg「NK」 ・ニトログリセリン注25mg/50mg「HK」 ・ニトロダームTTS ・ニトロバイド錠5mg ・ニトロペン舌下錠0.3mg ・ハイパジールコーワ錠3mg/ 6mg ・バソレーター注5mg/注50mg ・バソレーターテープ27mg ・バソレーター軟膏 ・バンリール錠20mg ・フランドル錠20mg ・フランドルテープ40mg ・ヘルピニン-Rカプセル ・ミオコールスプレー0.3mg ・ミオコール注5mg/50mg ・ミニトロテープ27mg ・ミリステープ5mg ・ミリスロール注 ・メディトランステープ27mg ・リファタックL錠 ・リファタックテープ40mg 【抗ウイルス薬(HIV治療薬)の商品のリスト】 併用することによりレビトラ錠の血中濃度が上昇することがあるため下記のお薬を服用している方にレビトラ錠は処方できません ・インビラーゼカプセル200mg ・インビラーゼ錠500mg。 ・カレトラ錠 ・カレトラ・ソフトカプセル ・カレトラ・リキッド ・クリキシバンカプセル/200mg ・ノービア・ソフトカプセル100mg ・ノービア・リキッド ・フォートベイスカプセル ・ブリジスタ錠300mg ・レイアタッツカプセル150mg/200mg ・レクシヴァ錠700 【内服の抗真菌薬(水虫などのカビによる感染症の治療薬)の商品のリスト】 併用することによりレビトラ錠の血中濃度が上昇することがあるため下記のお薬を服用している方にレビトラ錠は処方できません。 ・イコナゾンカプセル50 ・イデノラートカプセル50mg ・イトラートカプセル50 ・イトラコナゾール錠50/100「MEEK」 ・イトラコネート錠50mg ・イトラコンカプセル50 ・イトラリール錠50/100 ・イトリゾールカプセル50 ・イトリゾール注1% ・イトリゾール内服液1% ・トラコナ錠50mg/100mg 【抗不整脈薬の商品のリスト】 併用することにより心臓の動きに異常をきたす可能性があるため下記のお薬を服用している方にレビトラ錠は処方できません。 ・アジマリン錠50「イセイ」 ・アミオダロン塩酸塩錠100mg「サンド」 ・アンカロン錠100 ・ジソピラミドカプセル100mg「タイヨー」 ・シベノール錠50mg/100mg ・シベンゾリンコハク酸塩錠50mg/100mg「タナベ」 ・ソピラート「カプセル」/カプセル100mg ・チヨバンカプセル50mg/100mg ・ピメノールカプセル50mg/100mg ・リスピンR錠150mg ・リスモダンカプセル50mg/100mg ・リゾラミドR錠 ・硫酸キニジン錠「ホエイ」 以上がレビトラの併用禁忌のお薬です。 以上に示すように、併用禁忌(禁止)の薬はたくさんあります。安全にレビトラを使用していただくため、当院へご来院の際には、必ず薬の名称をわかるように、または服用中の薬をご持参ください。 また、個人輸入や他人にもらった医師の処方以外のレビトラを安易に服用することはとても危険です。効果がない場合だけでなく、健康に害を及ぼす可能性があります。 レビトラTOP レビトラの特徴 レビトラの副作用 レビトラ服用の注意点 レビトラを処方できない方 レビトラの併用禁忌(併用すると危険をもたらす)薬 バイアグラシアリス...  続きを読む