Vol.12 EDセルフチェック~その2

最近いまひとつ勃起の調子が悪い、若いころに比べて力強さに欠けるといった印象をお持ちの方、体調によって勃起力にムラが出てしまうという方はご自身でEDセルフチェックをされてはいかがでしょうか。ほかのすべての病気がそうであるように、EDも早期発見、早期の対応が非常に重要です。
EDと一言でいっても症状の程度はさまざまです。たまに勃起できない、ときどき行為中に萎えてしまうという程度の比較的軽症の方から、常に勃起できない重症の方までいらっしゃいます。セルフチェックをとおして、ご自身のEDの症状の重症度を知っていただくことは、ED治療薬の強さを選択する際や、服用後にどれくらい改善したのかを客観的に評価する際にも役立ちます。
国際的に使われているEDの評価方法には以下のようなものがあります。
●IIEF‐5 国際勃起機能スコア (International Index of Erectile Function)
●EHS 勃起硬度スコア (Erection Hardness Score) 
●夜間陰茎勃起スタンプテスト(Nocturnal penile tumescence (NPT) stamp test)
●男性性機能スコアMale Sexual Health Questionnaire (MSHQ)
●Golombok-Rust Inventory of Sexual Satisfaction (GRISS)
●Brief Male Sexual Function Inventory (BMSFI)

今回のコラムでは本邦向けに改編されている勃起硬度スコア (EHS: Erection Hardness Score)をご紹介します。
勃起硬度スコア (EHS: Erection Hardness Score)
米国において、EDのセルフチェックのために勃起硬度スコア(EHS)が開発されました。これは0~4の5つのスコアで判定ができ、ED の簡易的診断や治療の効果を評価するツールとして簡便かつ信頼性が高いことが示されています。
米国版をもとに、2009年に日本語版EHSが開発されました。

グレード0:陰茎は大きくならない。
グレード1:陰茎は大きくなるが、硬くはない。
グレード2:陰茎は硬いが、挿入に十分なほどではない。
グレード3:陰茎は挿入には十分硬いが、完全には硬くはない。
グレード4:陰茎は完全に硬く、硬直している。
硬さの目安として、各グレードでの硬さは以下のように例えられます。
グレード1:こんにゃく
グレード2:みかん
グレード3:グレープフルーツ
グレード4:りんご

グレード0~2の硬度では挿入に不十分ですので、EDと診断できます。
グレード3~4の場合でも十分な時間硬さを維持できない場合や、体調や精神状態によって硬くならない日がある場合、EDの可能性があります。

セルフチェックとして用いる場合、EHSはあくまでもEDを疑う目安としてお考えください。気になる方は当クリニック担当医師に一度ご相談ください。