レビトラを処方できない方

禁忌(服用禁止) : 以下に該当される方は、レビトラ錠の服用はできません。

1.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

2.硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン,亜硝酸アミル,硝酸イソソルビド,ニコランジル等)を投与中の患者

3.心血管系障害を有するなど性行為が不適当と考えられる患者

4.先天性のQT延長患者(QT延長症候群),クラスIA(キニジン,プロカインアミド等) 又はクラスIII(アミオダロン,ソタロール等)の抗不整脈薬を投与中の患者

5.脳梗塞・脳出血や心筋梗塞の既往歴が最近6ヵ月以内にある患者

6.重度の肝障害のある患者

7.血液透析が必要な腎障害,低血圧(安静時収縮期血圧<90mmHg)又は 治療による管理がなされていない高血圧(安静時収縮期血圧>170mmHg又は安静時拡張期血圧> 100mmHg),不安定狭心症のある患者

8.抗HIV薬(リトナビル,インジナビル,アタザナビル,サキナビル,サキナビルメシル酸塩, ホスアンプレナビル,ロピナビル・リトナビル,ダルナビル)を投与中の患者

9.ケトコナゾール,イトラコナゾールを投与中の患者

10.網膜色素変性症患者[網膜色素変性症の患者にはホスホジエステラーゼ(PDE)の遺伝的障害を持つ症例が少数認められる]

レビトラTOP
レビトラの特徴
レビトラの副作用
レビトラ服用の注意点
レビトラを処方できない方
レビトラの併用禁忌(併用すると危険をもたらす)薬

バイアグラシアリス