バイアグラを処方できない方

禁忌(服用禁止) : 以下に該当される方は、バイアグラ錠の服用はできません。

1.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

2.硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等)を投与中の患者

3.心血管系障害を有するなど性行為が不適当と考えられる患者

4.重度の肝機能障害のある患者

5.低血圧の患者(血圧<90/50mmHg)又は治療による管理がなされていない高血圧の患者 (安静時収縮期血圧>170mmHg又は安静時拡張期血圧>100mmHg)

6.脳梗塞・脳出血や心筋梗塞の既往歴が最近6ヵ月以内にある患者

7.網膜色素変性症患者[網膜色素変性症の患者にはホスホジエステラーゼの遺伝的障害を持つ症例が少数認められる。]

8.塩酸アミオダロン(経口剤)を投与中の患者

バイアグラの効果が現れると同時に「顔のほてり」「目の充血」がほとんどの方にありますが、 これらは服用した方の9割に付随する副作用でございますので、 効果の発現の合図と考えていただくとよいでしょう。 その他に「頭痛」「動悸」「鼻づまり」や光に過敏になり色が変化して見えたり等もございますが、作用している 4~6時間で症状はおさまるようであればあまり気にしなくても結構です。過去には、心臓突然死や腹上死との関連が指摘されていたこともございましたが、 現在では、関連は少ないと考えられております。 その他、ED治療薬(バイアグラ,レビトラ,シアリス)との因果関係は不明ではありますが、NAION、突発性難聴の報告もございます。
どうしても気になる症状がでるときは必ずご相談ください。

バイアグラTOP
バイアグラとは
バイアグラの安全性
バイアグラの特徴
バイアグラの副作用
バイアグラ服用の注意点
バイアグラを処方できない方
バイアグラの併用禁忌(併用すると危険をもたらす)薬

シアリスレビトラ