バイアグラの併用禁忌(併用すると危険をもたらす)薬

【塩酸アミオダロン製剤の商品名リスト】

下記のお薬を服用している方はバイアグラと併用すると過度に血圧を下げる危険性が高いため処方できません。

・アンカロン錠100
・アミオダロン塩酸塩錠100mg「サワイ」
・アミオダロン塩酸塩錠100mg「サンド」

【硝酸剤の商品名リスト】

下記のお薬を服用している方はバイアグラと併用すると過度に血圧を下げる危険性が高いため処方できません。

・アイスラール錠20mg
・アイトロール錠10㎎/20mg
・アイロクール錠20mg
・亜硝酸アミル
・アパティアテープ
・アンタップ/R
・イソコロナールRカプセル
・イソニトール錠20
・イソビット
・イソモニット錠20mg
・イブステン錠5
・エスタット錠5mg。
・L-オーネスゲン錠
・カリアント錠10mg
・カリアントTPカプセル
・コバインダー錠5mg
・コンスピット錠
・サークレス注0.05%/注0.1%
・サワドールL錠
・サワドールテープ/S
・ジアセラL錠
・シグマート錠2.5mg/5mg
・シグマート注2mg/12mg/48mg
・シグランコート錠 2.5mg/5mg
・ジドレンテープ
・シベラント錠5mg
・硝酸イソソルビド錠(ツルハラ)
・硝酸イソソルビドテープ[EMEC]
・シルビノール錠5mg
・ステンベルガー錠
・スレンドミン錠
・セラモンテ錠
・ソブレロール錠20mg
・タイシロール錠20mg
・ニコランジス錠2.5mg/5mg
・ニコランタ錠5
・ニコランマート錠
・ニトソルビド注0.05%/0.1%
・ニトプロ注
・ニトラステープ
・ニトルビン錠5
・ニトロールRカプセル20mg
・ニトロール錠
・ニトロールスプレー
・ニトロール 注5mg/50mg/100㎎
・ニトログリセリン錠山川
・ニトログリセリン 注-ACC
・ニトロシンパフ
・ニトロスロー錠
・ニトロダームTTS
・ニトロバイド錠5mg
・ニトロフィックス5mg/10mg
・ニトロペン錠
・ニトロラム
・ニブラノール点眼液
・ハイパジールコーワ錠3/錠6
・ハイパジールコーワ点眼液
・パソレーターRB2.5
・パソレーター注5mg/注50mg
・パソレーターテープ
・パソレーター軟膏
・フランソルテープS
・フランドル
・ペネティISDNテープ
・ヘルツァーS
・ヘルピニン-Rカプセル
・ホクスノールLカプセル
・ミオコールスプレー
・ミニトロテープ
・ミリステープ
・ミリスロール(冠動注用)0.5mg/10ml
・ミリスロールテープ
・ミリスロール注
・メズサビド錠5mg
・メディトランステープ
・メディトランスニトロ
・ラブノールRカプセル
・リファタックL錠

以上がバイアグラの併用禁忌(禁止)のお薬です。
(リファタックテープSリベラステープ※ニプラジロール点眼液、二プラノール点眼液およびハイパジールコーワ点眼液の添付文書では、併用禁忌になっておりませんが、注意喚起のため記載しました。)
以上に示すように、併用禁忌(禁止)の薬はたくさんあります。安全にバイアグラを使用していただくため、当院へご来院の際には、必ず薬の名称をわかるように、または服用中の薬をご持参ください。
また、個人輸入や他人にもらった医師の処方以外のバイアグラを安易に服用することはとても危険です。効果がない場合だけでなく、健康に害を及ぼす可能性があります。

バイアグラTOP
バイアグラとは
バイアグラの安全性
バイアグラの特徴
バイアグラの副作用
バイアグラ服用の注意点
バイアグラを処方できない方
バイアグラの併用禁忌(併用すると危険をもたらす)薬

シアリスレビトラ