Vol.55 勃起を助けるEDコンドーム

先日、英医薬品メーカーのフューチュラ・メディカルが開発した「勃起を助けるコンドーム」が、欧州での販売開始に向けて準備が進められていると報道されました。このコンドーム「CSD500」には先端内部にジェルが塗られており、着用することで動脈を拡張させて男性器への血行を促進し、勃起を助けるのだそうです。
勃起力増進の秘密は、コンドームの先端に含まれるZanifilという勃起力改善ジェル。
これにより、CSD500を装着するだけでペニスの血流が増し、硬さ・サイズ・持続力のアップにつながるのだそう。ちなみに大手コンドームブランド「DUREX」を通じて販売予定とのことです。
従来のED治療薬(バイアグラ、シアリス、レビトラ)は経口投与のため、全身に薬効が行渡ってしまい、心臓病などの重い持病をお持ちの方は安全に使用できないという問題がありました。ペニスにのみ作用する局所療法としては以前から、ペニスに直接薬剤を注射することで勃起をサポートする海綿静脈洞内注入療法(ICI療法)というものが知られていますが、これは性行為毎にペニスに注射をしなければならないうえ、長く続けていると注射痕がシコリとなってペニスの変形をもたらすなど問題点も多いです。ペニスにのみ効果を発揮する、このようなEDコンドームが実用化されれば、従来ED治療薬を服用できなかった患者様に簡便に、安全に勃起のサポートを行えるかもしれません。
難点として挙児希望の方など、避妊具を使用したくない方には不向きであったり、外用薬による皮膚かぶれの可能性が考えられます。また、外用薬は一般的に薬効が弱いことなどから、あくまで軽症の患者様向けの外用サプリメントといった位置づけになるのかもしれませんね。
いずれにしても、ED治療の選択肢が増えることは大変喜ばしいことです。