Vol.64 ジェネリックバイアグラ? その2~カベルタ

カマグラに続いてもう一つ、インド製ジェネリックバイアグラの紹介です。以前のコラムでも紹介しましたが、バイアグラはまだ特許が切れていないので厳密な意味ではジェネリック薬品は存在しません。しかし、インドは他国とは薬の特許制度が違うため、バイアグラをコピーした「コピー版バイアグラ」が販売されています。コピー版と言っても、結局は事実上のジェネリック医薬品であるため、ここでは「ジェネリックバイアグラ」と表現しています。
カベルタはバイアグラと同じシルデナフィルを主成分としたED治療薬です。カベルタの製造元であるRanbaxy Laboratoriesは、インドの中でもジェネリック薬品に特化した最大の製薬会社です。現在はM&Aによって、第一三共の子会社になっています。事業展開は世界規模で、最近では高脂血症治療薬リピトールのジェネリック医薬品がFDAに認可され、アメリカで販売開始したようです。日本の製薬会社の子会社というだけでなく、米国FDAに認可される薬を製造できるので、技術力にも信頼がおけるのではないでしょうか。
第一三共の子会社であることからも、2013年のバイアグラの特許切れに合わせてカベルタが日本で最初に販売されるかもしれないですね。
現在、日本でカベルタを購入することはできません。個人輸入のサイトなどでカベルタの名前を見かけますが、6割以上は偽造品と言われていますので手を出さないのが賢明でしょう。


ジェネリックバイアグラについてはこちら