Vol.87 一晩に何回も性行為をしたいという方へ

当院の患者さまで時折、「一晩にニ度、三度と性行為をしたいが、やる気はあっても体がついてこない」とおっしゃる方がいます。お話をよくよく聞きますと、一度射精すると次の性行為まで1~2時間間隔をあけないと、どんなに刺激しても勃起しないのだそうです。

男性なら誰しも経験があると思いますが、一度射精した後にしばらく性的な刺激を受け付けない状態が現れます。これを射精後不応期post ejaculatory refractory period:PERTと呼びます。
射精後不応期の最中は性的飽満感のため、性行為に関して一時的に関心を失ったり、ペニス(特に亀頭部)が知覚過敏になるため性的な刺激に対して不快感や苦痛を感じるようになります。この射精後不応期に関しては1963年にアメリカ人医師MastersとJohnsonらによってはじめて報告され、その後ラットなどの動物実験が数多く行われてきましたが、ヒトについてはオキシトシンやプロラクチンなどが関与していると言われていますが、射精後不応期が引き起こされる詳細なメカニズムに関しては未だによくわかっていません。

統計的データとしては、男性の平均的な射精後不応期時間は30分と言われていますが、年齢とともに延長することが知られており、若年者では平均15分程度なのに対して、高齢者では20時間におよぶこともあると報告されています。また、バイアグラ、レビトラ、シアリスなどのED治療薬によって射精後不応期が短縮できることが知られています。レビトラ10mg服用で16.7分であった射精後不応期時間が4.3分に短縮したという報告や、バイアグラ100mg服用で10.8分から2.6分に短縮したという報告があります。射精後不応期が数時間に延長した高齢者に対してのED治療薬の効果は現在のところ報告がありませんが、バイアグラなどのED治療薬を服用すれば2回戦目や3回戦目までのインターバルが短縮されることは間違いないでしょう。

現段階ではバイアグラなどのED治療薬以外で有意に射精後不応期時間を短縮するものは報告されていませんので、冒頭の患者様のような方にはバイアグラやレビトラなどのED治療薬をお勧めしております。もちろん、バイアグラなどのED治療薬によって射精後不応期の短縮以外に勃起のサポートを受けられることは言うに及ばすですが。

Masters WH, Johnson VE. The sexual response of the human male. I. Gross anatomic considerations. West J Surg Obstet Gynecol. 1963 Mar-Apr;71:85-95.

Aversa A, Mazzilli F, Rossi T, Delfino M, Isidori AM, Fabbri A. Effects of sildenafil (Viagra) administration on seminal parameters and post-ejaculatory refractory time in normal males. Hum Reprod 2000; 15: 131–134.

Aversa A, Pili M, Francomano D, Bruzziches R, Spera E, La Pera G, Spera G. Effects of vardenafil administration on intravaginal ejaculatory latency time in men with lifelong premature ejaculation. Int J Impot Res. 2009 Jul-Aug;21(4):221-7.


最新のコラム コラム一覧はこちら