Vol.91 最新ED治療薬Stendra(ステンドラ)について

アメリカで新しいED治療薬が認可されましたので、最新情報としてご紹介したいと思います。
Avanafilという薬で商品名はStendra(ステンドラ)です。ED治療薬としての作用機序はバイアグラなどと一緒のPDE5阻害薬になります。陰茎の血管拡張作用を持ち、血流を良くすることでEDを改善するというものです。
ちなみにアメリカのVivusという製薬会社が販売するようです。
Stendra(ステンドラ)の特徴は即効性があって、かつ食事の影響を受けにくいということみたいですね。薬の説明書には、空腹時内服とは書いておらず、食事と一緒に内服してもいいですよ、と書いてあります。レビトラと同等以上の即効性があり、シアリス以上に食事の影響を受けにくい薬というイメージでしょうか。(実際に処方した経験は当然ありませんのでイメージですが…)
ちなみにニトロ製剤と一緒に飲んではダメだとか、禁忌や併用注意の薬はバイアグラ、レビトラ、シアリスとほとんど変わりませんね。
副作用ですが100㎎錠では頭痛6.9%、顔の発赤が4.3%、鼻づまり2.9%、鼻咽頭炎が2.6%、背中の痛みが2.0%となっております。
(Stendra)ステンドラは50㎎錠、100mg錠、200mg錠の3種類の規格で発売されるということです。治療開始の際は100㎎錠から開始することを勧めているようです。
非常によさそうED治療薬なのですが、いかんせん日本で認可されるのはいつになるのか…。
日本は薬の認可が非常に遅いのが特徴なので、当分は期待できないでしょう。
その間にジェネリックのバイアグラが出てしまいそうですので、売れるかどうかは微妙ですね。なんにせよ治療の選択肢が増えるのはいいことでしょう。
アメリカでの市販後の評判やデータなどもわかり次第アップしていこうと思います。


最新のコラム コラム一覧はこちら