Vol.96 バイアグラとカテキンで癌治療できる?

バイアグラなどのED治療薬を併用することでカテキンの抗がん作用が大幅に強まるという九州大学の研究結果が最近メディアでも話題になりました。
カテキンはお茶などにも含まれていますし有名な成分ですが、抗酸化作用があるのでアンチエイジングの世界でも様々な効果が期待されています。
カテキンで癌が治れば夢のような話ですが、まだ動物実験の段階みたいですね。
エピガロカテキンガレートというカテキンの一種は悪性度の高いがん細胞表面のたんぱく質と結合し、がん細胞を殺傷する能力があります。バイアグラなどのED治療薬はこの作用を増強するようです。
ちなみにカテキンと言えば緑茶ですが、お茶の種類で含有量が異なります。
緑茶カテキン量の含有量(g/100g)を比較したデータを示しますと…
番茶:14 、煎茶:13.8 、玉露:11、焙じ茶:3 
と、なっております。
この結果から見ますとお茶は番茶に限るようですね(笑)。
緑茶カテキンには動脈硬化の抑制効果もあると言われているため、ED予防にもいい影響があるかもしれません。
今後の更なる研究結果が待たれます。


最新のコラム コラム一覧はこちら