早漏症(PE)とは? Q&A

Q1 早漏症(PE)とは?

A1PEはpremature ejaculationの略であり、日本では早漏症と呼ばれています。実際に性行為を行う上でも問題となりますが、男性の尊厳やパートナーとの人間関係にも影響を与える可能性があるため、医学的側面のみならず、心理的・社会的側面から治療を考える必要があります。
今までは、早漏症(PE)の治療にはカウンセリングや一部の抗うつ薬の使用、陰茎への手術などの方法が用いられていました。しかし、有効性の低さの割には副作用が多いこと、手術の負担が大きいなど、欠点が多く決して満足のいく結果が得られていたとは言えません。現在、世界で唯一の医療用内服早漏(PE)治療薬としてプリリジーが知られています。渋谷三丁目クリニックではプリリジー処方を含めた総合早漏(PE)外来を行っています。
早漏症(PE)治療の詳細はこちら

Q2 早漏症(PE)にはどのような種類がありますが?

A2早漏症は大きくlifelong typeとacquired type に分けられます。
和訳するとlifelong type:終生早漏とacquired type:後天的早漏となります。lifelong typeは初めての性行為から早漏症状があり、一度も改善したことのないものを指し、先天性早漏という言い方もできます。それに対してacquired typeは、初めはなかった早漏症状が特定の原因によって新たに生じたものを指し、後天性早漏という言い方ができます。後天的早漏を引き起こしてしまう「特定の原因」としては、長期禁欲期間後、過度の性的興奮、加齢、疲労、ED(勃起障害)、不安・イライラ・ストレス、早く射精する習慣、パートナーからの要望、腰痛、多発性硬化症、などが古くから知られています。
EDが原因の後天的PEにはED治療薬が有効であるケースもあります。

Q3 EDの症状が出始めてから早漏(PE)の症状も出始めたのですが関係あるのでしょうか?

A3ED患者さまの多くにPEも合併しやすいことは事実です。実にED患者さまの1/3に早漏症が合併するという報告もあります。EDに早漏症が合併する原因としては、勃起を維持しにくいことが考えられているようです。
ED患者さんは勃起を十分に維持できる時間が短いために、射精を得るために過剰に刺激しようとする傾向があります。さらに、勃起自体を維持するためには強い刺激が必要であるため、結果として射精にかかる時間が短くなってしまうと考えられます。
バイアグラ、レビトラ、シアリスなどのPDE5阻害薬は勃起維持を容易にするため、結果として早漏症の改善につながると考えられています。
当院のコラムでも紹介していますが、早漏症改善効果としてはレビトラがシアリスやバイアグラよりも高い効果を示したという報告もありますので、EDと早漏症にお悩みの方には有効な選択肢となり得るでしょう。

Q4 早漏症(PE)のセルフチェックは可能でしょうか?

A4以下の条件を満たす場合に早漏症(PE)と診断されます。

  • Intravaginal Ejaculatory Latency Time (IELT) 膣内の射精までに所要する時間が2分以内。
  • 挿入前、挿入途中、挿入直後のいずれかの時点で、本人の意思に反して、最小の性的刺激で射精してしまい、これが反復ないし持続する状態。
  • 早漏(PE)の結果、著明な人間関係の問題や精神的苦痛を引き起こしている状態。
  • 射精のコントロールが不能。

上記の条件を全て満たすことで診断されますが、いずれか一つでも当てはまれば、臨床的には治療を検討します。

Q5 他のSSRI(パキシル、ジェイゾロフトなど)は早漏症(PE)治療に効果がありますか?

A5パキシル(パロキセチン)など、うつ病治療に用いられるSSRI(セロトニン再取り込み阻害薬)は早漏治療に使用されることがあります。しかし、早漏症への有効性は10~30%程度と低いうえに性行為5時間前に内服する必要があるなど、満足のいくものとは言えないのが現実です。

Q6 包茎手術などの外科的療法で早漏症(PE)は治りますか?

A6外科的手術を行うと早漏症が改善するという話も一部で聞きますが、明確な医学的根拠はありません。とりわけ、包茎手術(circumcision)に関しては多くの研究がなされており、手術の前後で早漏治療効果はないと結論付けられています。体への余分な負担を避けるためにも、医学的・科学的根拠のある内服薬による早漏治療を行うことをお勧めします。


早漏症(PE)治療の詳細はこちら