アボルブ(デュタステリド)処方

アボルブ処方 一時中止のお知らせ
諸般の事情によりアボルブの出荷が一時停止となりました。院内在庫分がなくなり次第アボルブの処方を一時中止とさせていただきます。誠に申し訳ありません。

渋谷三丁目クリニックで取り扱うアボルブ

アボルブ(Avolve)とは、一般名デュタステリドと呼ばれ、2001年にイギリスのグラクソ・スミスクライン社がフィナステリド(プロペシア)に次ぐ、もう一つのアザステロイドとして開発した男性型脱毛症(AGA)と前立腺肥大症の治療薬です。
※アメリカ、韓国等での商品名:アボダート Avodart

フィナステリド(プロペシア)と同様に、デュタステリド(アボルブ)も前立腺肥大症の治療薬として開発されました。フィナステリド(プロペシア)がその後、男性型脱毛症(AGA)治療に重点を置くようになったのに対して、アボルブは2001年に前立腺肥大症の治療薬としてアメリカ食品医薬品局(FDA)に承認され、続いて2009年に韓国で男性型脱毛症(AGA)治療薬として承認されました。現在では世界85カ国で年間 約300万人の患者さんに使用されています。

デュタステリド(アボルブ)は男性型脱毛症(AGA)の治療薬としては韓国でのみ承認されており、本邦では前立腺肥大症の治療薬として2009年に厚生労働省に承認されました。

フィナステリド(プロペシア)がⅡ型の5α-還元酵素しか阻害しないのに対し、デュタステリド(アボルブ)はⅠ型・Ⅱ型両方の酵素の阻害剤として働きます。これによりAGA(男性型脱毛症)の原因物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)がテストステロンから作り出されるのをより強く阻害します。そのため、フィナステリド(プロペシア)よりAGA治療効果が高いと考えられており、実際に比較試験などでフィナステリドに比べてより高い脱毛予防効果を示しています。

残念ながら、アボルブは本邦ではAGA治療薬としての承認は受けていませんので、本来、前立腺肥大症治療のために使われる0.5mgカプセルをAGA治療目的に使用することになります。(処方医薬品の適応外使用となります

※アボルブはオンライン診察での処方はおこなっておりません。

アボルブ(0.5㎎) 30カプセル
アボルブ(0.5㎎) 150カプセル

初診料、再診料無料。代金はお薬代のみ。
予約不要ですぐに院内処方。
スタッフは全員男性。

治療費一覧はこちら

アボルブの効果

AGA患者のヘアサイクルは、DHT(ジヒドロテストステロン)により短縮しています。 アボルブは5α-還元酵素のⅠ型、Ⅱ型を両方阻害し、男性型脱毛症(AGA)の原因物質である DHTの産生を強力に抑制します。その結果、ヘアサイクルを正常化し、プロペシアと同等以上の脱毛抑制効果を発揮すると考えられています。プロペシアの効果が不十分な場合や、さらに強いAGA治療効果を希望される患者様にとっては有効な選択肢となり得ます。

塗るAGA治療薬アロビックスとの併用

アロビックス液は頭皮に直接塗布する本邦で唯一、処方せん医薬品として承認されているAGA外用薬です。アロビックス液の主成分である塩化カルプロニウムは、頭皮の血管を拡張する効果が非常に強く、頭皮の血行を改善することで毛細胞が活性化し、発毛が促進されます。アボルブのみでも高いAGA予防効果・増毛効果が期待できますが、アロビックス液を併用することでさらに相乗効果が期待できます。アボルブ服用をお考えの方はアロビックス外用液の併用もお薦めします。
{科学的・医学的研究によって確かなAGA治療効果が証明されている外用薬は現在のところ、塩化カルプロニウム(アロビックス)とミノキシジル液(リアップなど)のみです}

アボルブの用法・用量

男性成人に対して通常、デュダステリドとして0.5mgを1日1回服用していただきます。
これは韓国でAGA治療薬として承認されている用法・用量と同じです。また本邦で前立腺肥大症に対する治療として承認されている用法・用量とも同じです。

アボルブの副作用

アボルブ0.5mgは服用後、最初の6ヶ月で次のような副作用が確認されています。
勃起不全(3.2%)、性欲減退(1.7%)、女性化乳房(1.5%)、精液ボリュームの減少(1.4%)。
副作用の発生頻度や程度はいずれもプロペシア1mgの副作用よりも同等かやや高い割合となっています。
男性が服用することによる胎児への催奇形性についてはプロペシア同様、動物実験では否定的な結果が得られていますが、ヒトに関しては詳しく検討されていません。ただし、臨床的には2001年からアボルブ(デュタステリド)は実際の男性患者に投与されており、明らかな催奇形性等に関する報告は現在のところありません。

アボルブの使用上の注意

  • 妊娠中の女性が服用したり、割れたカプセルの内容物に接触した場合、プロペシア同様、男性胎児に悪影響を及ぼす可能性がありますので十分ご注意ください。
  • 小児、特に男児がアボルブを服用したり、割れたカプセルの内容物に接触した場合、生殖器の発育に影響を与える可能性がありますので十分ご注意ください。
  • 服薬期間中および服薬中止後、最低6ヶ月間は献血を行わないでください。
  • 前立腺癌の検診の際に検査値(PSA値)が過小評価される恐れがありますので、検診時には担当医師にアボルブを服用していることをお伝えください。
初診再診無料です。予約も不要です

渋谷三丁目クリニックではアボルブ0.5mgを30カプセル単位または150カプセル単位で処方しております。アボルブ処方に当たって予約は必要ありません。また、診察料は無料で、お薬代のみのご負担となります。診察内容は問診が中心で、頭髪を抜いたり、頭部の写真を撮影するような診察行為はございません。 アボルブの効能、効果、副作用、注意事項の説明を受けた後、お薬を院内で処方いたします。

正規品アボルブを院内処方いたします

当院では、院内処方を採用しているため、薬局等でお待たせすることなく、お薬をお渡しすることができます。 AGA治療(アボルブ処方も含む)は本邦では保険適応外ですので保険証の提示は必要ありません。 渋谷三丁目クリニックの医師・スタッフはすべて男性です。AGAというデリケートな疾患を扱う専門クリニックとしてプライバシーにはできる限りの配慮をしております。 院内処方を採用しているのも、無用な他者との接触をなくすのが目的です。 患者様の負担低減のため、さまざまな配慮を行っております。当院は渋谷駅から徒歩1分の立地にあるビル内のクリニックですが同じフロアに他店舗はなく、入口も大通りに面さないようにするなど患者さまのプライバシーにも配慮いたしております。駅からほとんど人目に付かずに来院できるルートもございます。詳しくはアクセスを御参考下さい。

ご不明な点がございましたら、お問合せフォームからお気軽にご連絡ください。

ご来院、お待ちしております。


処方医薬品の適応外使用

【医師の判断で厚生労働省に認可されている以外の用法・用量で医薬品を使用すること】

病院で処方されるあらゆる医薬品は使用目的や使用できる用量が病気ごとに細かく決まっています。例えば、胃薬で有名なガスター錠は「胃炎」に対しては10mg錠を一日2回まで、「胃潰瘍」に対しては20mgを一日2回まで、と決められています。どんなに重症の「胃炎」でも20mg錠を一日2回処方することはできません。

これは厚生労働省が各薬剤に対して使用上の詳細なルールを決めているからです。このルールのことを「適応」といいます。保険診療では適応を守らない医薬品の使用は患者に医療費の10割負担を強いるため、適応外使用は厳しく制限されています。ただし、実際の保険診療の現場では、厚生労働省の認可した適応以外の使用方法が不可欠となる場合が多く、その場合は、担当医師が診断名を偽る、(重い「胃炎」を「胃潰瘍」と偽るなど)または、薬剤を使用しても会計上は使用していないフリをする、(病院のもちだし)などして対応しています。

一方、自由診療では健康保険制度のしばりがないため、担当医師の判断で必要な薬剤を適応外使用できます。例えば、当院で扱っているアボルブ(デュタステリド)は海外でAGA(男性型脱毛症)に対する適応薬として処方され、有効性・安全性に関して確かなデータがあり、国内でも前立腺肥大症の適応薬として安全性が確立しています。多くのエビデンス(科学的・医学的根拠)があるにもかかわらず行政の許認可の関係でAGAに対して処方できないアボルブを「適応外処方」という形で、患者さまの同意のもとに処方することができます。

日本の厚生労働省の薬剤認可の手続きはきわめて慎重なため、主要国のなかで最も許認可が遅いことで知られています。そのため、海外で有効・安全に使用されている薬剤が日本の患者さまの手元に届かないという現状があります。ドラッグ・ラグと呼ばれるこの海外医薬品認可までの時間差が数年からときに十数年に及ぶこともあります。

渋谷三丁目クリニックでは適応外処方を行うにあたり、海外での有効性に関する実績や安全性、国内で他の疾患に使用された際の副作用報告など、薬剤に関する医学論文や臨床データを十分に検討しています。有効性や安全性に関する科学的・医学的根拠が十分に得られている医薬品のみを取り扱っています。

ただし、万が一、処方医薬品を適応外使用して重篤な副作用・後遺障害が生じた場合には、通常の服用方法(適応に準じた処方)であれば受けられるはずの医薬品副作用被害救済制度の補償対象外となることがありますので、あらかじめご承知ください。(詳しくは独立行政法人 医薬品医療機器総合機構 医薬品副作用被害救済制度のホームページをご覧ください。)

医薬品の適応外使用に関して、ご不明な点がございましたらお気軽にご相談ください。
お問合せフォームはこちら