Vol.120 遠隔診療とED治療の相性は?

当院ではPC、スマートフォンを使用した遠隔診療をおこなっています。

予約制にはなりますが比較的自由な時間に診察を受けることができ、薬を郵送で受け取ることができるためかなり便利なシステムだと思います。

当初はよりプライベートな診察を受けることができるためED治療との親和性が高いのではないかと考えておりました。

しかし、実際はED治療より明らかにAGA治療で遠隔診療を希望する患者様が多いようです。
この理由としてはやはりED治療薬というのは当日もしくは数日以内など比較的すぐに使いたいケースが多いためではないかと考えられます。
そういった意味でEDという疾患は慢性疾患でありながら治療としては準緊急性というある意味特殊な病態であると言えるかもしれません。
遠隔診療は好きなタイミングで受診できて薬も郵送で受け取れるというメリットもありますが逆に言うと薬を受け取るまでにタイムラグがあるという弱点もあるということです。

一方、AGA治療は純然たる慢性疾患であり薬の効果判定もゆっくりなのでより遠隔診療に適していると言えるでしょう。
それ以外にもAGA治療に関しては比較的パートナーにも打ち明けやすく自宅で薬を受け取りやすいことも影響していると考えられます。

遠隔診療はクレジットカード決済のみなのでパートナーに治療の理解がないと履歴からばれることを気にすることもあるようです。

以上のことからも遠隔診療は現段階ではやはり慢性疾患のフォローというのが最も使用しやすいと言えるのではないでしょうか。
しかし、今後オンライン処方箋の普及などが進めば薬受け取りのタイムラグも減り、もう少し遠隔診療自体の使い勝手はよくなるかもしれません。
ただし、薬価がある薬と違い自由診療であるED治療薬やAGA治療薬は処方箋を発行してもらっても薬局での価格が高くなってしまう可能性があるためあまり普及しないと予想されます。


最新のコラム コラム一覧はこちら