AGA治療・薄毛治療

AGA(男性型脱毛症)治療・薄毛治療 男性の薄毛に5つのアプローチ

1. プロペシア(フィナステリド)

プロペシアAGA治療の定番。頭髪の現状維持率98%。
薄毛の進行を食い止めたい方に。

プロペシア(1mg) 28錠
プロペシア(1mg) 140錠

治療費一覧はこちら

1997年の発売から現在すでに世界60カ国以上で承認されている世界で初めて医師が処方する1日1回の内服による男性型脱毛症用薬(AGA治療薬)です。
プロペシアは5α還元酵素を阻害し、男性型脱毛症(AGA)の原因物質である DHTを抑制します。プロペシアはAGA予防薬(AGA遅延薬)として認可されており、その予防効果は約98%です。また、増毛・発毛効果も期待できます。
プロペシアの詳細はこちら

1-2. ジェネリックプロペシア

ジェネリックプロペシアプロペシアに待望のジェネリック医薬品が登場しました。商品名はフィナステリドです。

フィナステリド 1㎎ 28錠
フィナステリド 1㎎ 140錠

治療費一覧はこちら

AGA治療のためにはプロペシアは毎日内服する必要があるためジェネリックで価格が下がることは患者様にとって非常にメリットが大きいと思います。
ジェネリックプロペシアの詳細はこちら

2. ミノキシジルタブレット

ミノキシジルタブレットミノキシジルは塗り薬としてはリアップとして国内で販売されており、治療効果は皮膚科学会のAGA治療ガイドラインで推奨度Aとなっています。

ミノキシジルタブレット(5mg) 30錠

治療費一覧はこちら

内服版のミノキシジルタブレットは外用ミノキシジル以上の効果が期待できます。
ミノキシジルタブレットは単独でも非常に強力なAGA治療効果が期待できる薬ですが、プロペシア、ジェネリックプロペシア、ザガーロなどと併用することで更に高い治療効果が期待できます。
ミノキシジルタブレットの詳細はこちら

3. ザガーロ

ザガーロザガーロは一般名デュタステリドと呼ばれ、日本の男性型脱毛症(AGA)治療薬としては最も新しい薬になります。

ザガーロ(0.5mg) 30カプセル

治療費一覧はこちら

日本では内服AGA治療薬としてはプロペシア(フィナステリド)だけしか選択肢がなかったため新しい治療オプションの登場は朗報です。
デュタステリドはフィナステリドと同じく前立腺肥大症の治療薬として開発された経緯があり、日本ではアボルブという名前で前立腺肥大症の治療には以前より使用されていました。しかし海外では前立腺肥大だけでなくAGA治療薬としても使用されておりフィナステリドを超える高いAGA治療効果が報告されていました。
ザガーロの詳細はこちら

4. アボルブ(デュタステリド)

アボルブプロペシアより一段上のAGA治療効果。
現状維持+プロペシアをこえる発毛効果。

アボルブ(0.5mg) 30カプセル
アボルブ(0.5mg) 150カプセル

治療費一覧はこちら

2001年に開発された男性型脱毛症(AGA)と前立腺肥大症の治療薬です。アボルブは2001年にアメリカで前立腺肥大症の治療薬として承認され、続いて2009年に韓国で男性型脱毛症(AGA)治療薬として承認されました。本邦では前立腺肥大症の治療薬として2009年に承認されました。
プロペシアがⅡ型の5α還元酵素しか阻害しないのに対し、アボルブはⅠ型・Ⅱ型両方の酵素の阻害剤として働きます。これによりAGAの原因物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)の産生をより強く阻害します。比較試験ではプロペシアよりも高いAGA治療効果を示しています。残念ながら、アボルブは本邦ではAGA治療薬としての承認を受けていませんので、本来、前立腺肥大症治療のために使われる0.5mgカプセルをAGA治療目的に使用します。
アボルブの詳細はこちら

5. アロビックス(塩化カルプロニウム外用液)

アロビックス塗るAGA治療薬。本邦で唯一、処方せん医薬品として承認されているAGA外用薬。

アロビックス(30ml) 
※1本あたり約2~4週間分程度

治療費一覧はこちら

アロビックスは頭皮に直接塗布する本邦で唯一、処方せん医薬品として承認されているAGA外用薬です。アロビックス液の主成分である塩化カルプロニウムは、頭皮の血管を拡張する効果が非常に強く、頭皮の血行を改善することで毛細胞が活性化し、発毛が促進されます。
アロビックス液のみでも約55%の方に脱毛症改善効果を実感していただけますが、プロペシアやアボルブとの併用によってさらに相乗効果が期待できます。プロペシア、アボルブをお考えの方はアロビックス外用液の併用もお薦めします。
アロビックスの詳細はこちら

当院におけるAGA治療法の比較

プロペシア単剤治療 アボルブ単剤治療
血液検査 無し 無し
通院頻度 自身の希望によって異なる 自身の希望によって異なる
処方薬 プロペシア錠
(希望によりアロビックス液を追加可能)
アボルブ錠
(希望によりアロビックス液を追加可能)
効果判定 自己判断 自己判断
メリット ・プロペシア錠のみの購入が可能
・費用が抑えられる
・ジェネリックプロペシアでさらに割安
・通常は海外からの個人輸入でしか入手できないアボルブ錠を国内医療機関で安全に処方
・プロペシア錠による治療に比べて高い治療効果が期待できる。
デメリット ・検査なし
・単剤処方
・効果判定できず・
・検査なし
・単剤処方
・効果判定できず

※アボルブ単剤治療、プロペシア単剤治療に加えて、塗り薬であるアロビックス液を併用することにより、さらに高いAGA治療効果が期待できます。


ED治療はインターネットを用いたオンライン診察も可能です。薬も郵送できるので通院しにくい方も安心です。
オンライン予約
オンライン予約

遠隔診療・遠隔医療(いわゆるオンライン診察)とは?


AGAとは? Q&A


初診料、再診は無料。予約も不要です

渋谷三丁目クリニックではAGA診療を予約不要で承ります。また、診察料は一切いただきませんので患者様はお薬代のみのご負担となります。 診察は問診や視診が中心で、頭髪を抜くような診察行為はございません。各薬剤の効能、効果、副作用、注意事項を説明した後、お薬の処方となります。(初診は概ね10~15分程度、再診は概ね1~2分程度)

すべて院内処方のためスムーズな処方が可能です

当院では、院内処方を採用しているため、薬局等でお待たせすることなく、お薬をお渡しすることができます。また、本邦ではAGA治療は保険適応外ですので保険証の提示は必要ございません。 渋谷三丁目クリニックの医師・スタッフはすべて男性です。AGAというデリケートな疾患を扱う専門クリニックとしてプライバシーにはできる限りの配慮をしております。 院内処方を採用しているのも、無用な他者との接触をなくすのが目的です。 患者様の負担低減のため、さまざまな配慮を行っております。当院は渋谷駅から徒歩1分の立地にあるビル内のクリニックですが同じフロアに他店舗はなく、入口も大通りに面さないようにするなど患者さまのプライバシーにも配慮いたしております。駅からほとんど人目に付かずに来院できるルートもございます。詳しくはアクセスを御参考下さい。

ご不明な点がございましたら、お問合せフォームからお気軽にご連絡ください。

ご来院、お待ちしております。