AGAとは?(Q&A)

Q1 AGA(エージーエー)の患者さんは日本人にどのくらいいますか?

A1AGA(エージーエー)の人は全国で約1,260万人、そのうち気にかけている人は約800万人、何らかのケアを行ったことのある人は約650万人といわれています(板見 智:日本醫事新報 2004; No.4209: 27-29より )。
AGAは進行性です。何もせずにほうっておくと髪の毛の数は減り続け、徐々に薄くなっていきます。そのためAGAは早めのケアが大切です。

Q2  AGA(エージーエー)はどのように進行していくの?

A2AGA(エージーエー)の特徴は、その脱毛の進行パターンにあります。額の生え際から後退していくタイプ、頭頂部から薄くなるタイプ、これらの混合タイプなどさまざまな脱毛の進行パターンがあります。 
修正ハミルトン・ノーウッドAGA分類
修正ハミルトン・ノーウッドAGA分類

Q3  AGA(エージーエー)の原因って何ですか?

A3髪の毛1本1本には寿命があります。伸びては抜け、また新しく生えるという成長期、退行期、休止期をくりかえしています。これをヘアサイクルと呼んでいます。
AGA(エージーエー)の脱毛部にはDHT(ジヒドロテストステロン)が高濃度にみられ、これがヘアサイクルの成長期を短くする原因物質と考えられています。成長期が短くなることにより、髪の毛が長く太く成長する前に抜けてしまいます。十分に育たない、細い短い髪の毛が多くなると全体として薄毛が目立つようになります。

Q4 個人輸入のプロペシアを使用しても大丈夫でしょうか?

A4医療用医薬品のニセモノの流通は、医薬品を使用される患者様、医療関係者を含む医療業界全体の大きな問題点となっており、現在報告されているニセモノは製薬会社以外の別のところで作られていることも多く、安全性が確認されていないものがあります。
ニセモノの主な流通経路は、インターネットなどでの個人輸入によるものであると考えられており、ニセモノを服用した場合は思いがけない健康被害が発生する可能性があります。ニセモノを服用しないために、厚生労働省の「医薬品の個人輸入に関する注意喚起について」 に基づき、医療機関を受診し、医師の処方により正しく服用することをおすすめします。WHO(世界保健機関)の調べでは、インターネットなど、非正規ルートで販売されている医薬品のおおよそ半数がニセモノであったと報告されています。

【厚生労働省:個人輸入に関する注意】
・「医薬品の個人輸入に関する注意喚起について」
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/kojinyunyu/050609-1.html

・「医薬品等を海外から輸入しようとされる方へ」
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/kojinyunyu/index.html

個人輸入された医薬品による健康被害については公的制度(医薬品副作用被害救済制度)の救済対象となりません。

Q5 どのくらいの抜け毛があるとAGA(エージーエー)になるのでしょうか?

A5髪の毛は約10万本あるといわれており、健康な人でも毎日50~100本が自然に抜け落ちます。普段より抜け毛が増えたと感じたら、医療機関で相談されてみることをお薦めします。

Q6  AGA(エージーエー)以外に髪の毛が抜ける病気はありますか?

A6髪の毛が抜ける脱毛症にはさまざまなものがあります。AGA(エージーエー)は前頭部や頭頂部のように比較的限定した場所で起こる抜け毛や薄毛であり、ほかの脱毛症とは異なります。ご自身の脱毛症がAGAか区別がつかない場合も多く、誤った判断をしてしまう可能性もありますので、医師の診察を受けることをお薦めします。

Q7 抜け毛は季節によって増えたり減ったりしますか?

A7抜け毛の季節変動については諸説ありますが、人により初夏から秋にかけて増えるという報告もあります。

Q8 わかめなどの海藻類が髪の毛に良いって本当ですか?

A8わかめなどの海草類がAGA(エージーエー)に効果があるという科学的根拠は今のところありませんが、髪は皮膚と同じように、体の栄養状態が現れます。バランスの悪い食事をしていると肌の調子が悪くなるように、髪のコンディションも悪くなる可能性があります。
バランスのよい食事をとることが大切といわれています。

Q9 タバコを吸うとAGA(エージーエー)が進行するって本当ですか?

A9喫煙によりAGA(エージーエー)が進行することは科学的には証明されていませんが、喫煙は健康な体に悪影響を及ぼす可能性がありますので、控えめにすることが大切です。

Q10 ストレスが多いとAGA(エージーエー)が進行するって本当ですか?

A10ストレスが直接的にAGA(エージーエー)に影響するかどうかは科学的に分かっていません。現代人なら誰しも、大なり小なりストレスを抱えているものです。ただ、過度なストレスは自律神経に悪影響を与えます。そこまでひどくなくても睡眠不足になったり、きちんとした食事がとれなくなったりして、髪によくない環境をつくると考えられますので、ストレスが少ない生活を心がけましょう。

Q11 正しいシャンプーの仕方を教えてください。

A11頭皮を強く刺激しすぎないようにしてください。


AGA(エージーエー/男性型脱毛症)とは

AGA(エージーエー/男性型脱毛症)とは、Androgenetic Alopeciaの略で、日本語では「男性型脱毛症」と呼ばれます。主に30代~50代の男性に多くみられ、薄毛や抜け毛に悩む男性のほとんどがAGAであるといえます。
自身のAGA(エージーエー/男性型脱毛症)に気づいている人は全国で1,260万人、そのうち気にかけている人は800万人、今までに何らかのケアを行ったことのある人は650万人、さらに現在も何らかの対処をしている人は500万人といわれています。実際には男性人口の約32%、おおよそ2000万人がAGAであることが疫学調査で知られていますので、700万人強はAGAの症状に気づいていないことになります。

AGA(エージーエー/男性型脱毛症)は進行性です。何もせずにほうっておくと下記のグラフのように髪の毛の数は減り続け、徐々に薄くなっていきます。一度AGAで薄毛になった頭髪は簡単にはもとに戻らないため、予防や早期発見、早めのケアがAGA治療にとって大切です。

AGA(エージーエー/男性型脱毛症)とは

AGA(エージーエー/男性型脱毛症)は思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、 どちらか一方、または双方から薄くなり、進行していきます。

脱毛症の治療として、様々なサプリメントやシャンプーなどが発売されてきましたが、 いずれも決定的な解決策にはなっておりません。 しかし、飲むAGA治療薬であるプロペシア(フィナステリド)の登場により、 AGAは、治療・予防できるものに変わってきております。プロペシアの他にも頭皮につけるタイプであるアロビックス(塩化カルプロニウム)もAGA治療に効果が認められています。